分子生命化学科3年生前期配当 S6116 化学生態学

  • 注:本講義科目はオンデマンド形式ですので出席はとりません。 公開前の動画のリンクははたらきませんのでご注意ください。万一リンク切れなどありましたら一度ブラウザーでこのページを再読込してから試してみてください。それでもダメなら連絡してください。
    毎回講義動画視聴前に必ずポータルで配信する講義資料をダウンロードして印刷したものを用意しましょう。印刷した資料を事前に読み、どのような内容なのかを必ず予習して下さい。講義資料にはところどころ空欄が設けてあり、講義中に埋めてもらいます。 また、講義で話した内容なども資料に書き込んでいくと講義終了後には化学の講義内容を網羅した資料(講義ノート)が完成しますので活用しましょう。
    印刷する際はA4用紙一枚に6ページを同時に印刷すると丁度いい位の大きさになると思います。A4一枚に1ページずつ印刷すると膨大な枚数が必要になりますので注意しましょう。
    自宅にPCやプリンターが無い場合は大学のコンピュータセンターや図書館などの機器を利用して下さい。いずれにしても用紙は自分で用意して下さい。コンビニで印刷することもできます。
    また、タブレット端末などPDFファイルを表示する機能がある機器を持っている場合はファイルに直接入力するのもいいでしょう。
    動画内などで数回課題を出しておりますが、提出していただく課題は学生ポータルで指示したもののみです。その他の課題は学習上有用ですので、可能な限り取り組んでください。定期試験対策よい勉強になります。
  • 10月1日
    第1回 化学生態学概論
  • 10月8日
    第2回 有機化学の復習
  • 10月15日
    第3回 構造決定法
  • 10月22日
    第4回 アレロパシー・植物ホルモン
  • 11月5日
    第5回 ファイトアレキシン
  • 11月12日
    第6回 植物成分と昆虫
  • 11月19日
    第7回 植物毒素
  • 11月26日
    第8回 カイコの性フェロモンと昆虫ホルモン
  • 12月3日
    第9回 昆虫フェロモン(1)
  • 12月10日
    第10回 昆虫フェロモン(2)
  • 12月17日
    第11回 フェロモンの応用
  • 12月24日
    第12回 クオラムセンシング
  • 1月21日
    第13回 微生物ホルモン
  • 第14回 補講(1)抗生物質

東京農業大学 生命科学部 分子生命化学科

有機合成化学研究室

〒156-8502 東京都世田谷区桜丘1-1-1

Copyright © 有機合成化学研究室
トップへ戻るボタン